これからのセミナー

これまでのセミナー

       さらに見る


お問合せ

▼住所
〒108-0074
東京都港区高輪1-16-15
▼E-mail
info@japia-bl.co.jp
▼Tel
03-5422-6351
▼Fax
03-3447-5372
▼受付時間
・月~金曜:9時~17時
・土・日・祝日:休み

「成功するインドビジネス」~インドビジネスのチャンスをどう掴むか~(5/14)

インドの自動車市場が 3 年後の 2021 年には自動車生産量で世界 3 位になる予想が出ている中、成長するインド市場に対する日本企業の関心は高まりつつあり、右肩上がりの進出が続いています。インド進出にあたってどのようなチャンスを、どのようなリスク対応で獲得すべきかについての基礎知識を得る事を目的にしたセミナーを「成功するインドビジネス」~インドビジネスのチャンスをどう掴むか~のテーマにて5月14日(月)に開催いたします。(締切は5月7日まで)


テ-マ

「成功するインドビジネス」
~インドビジネスのチャンスをどう掴むか~


講 師

▽ニーラジ・バガット勅許会計士事務所

 代 表     Neeraj Bhagat 氏

▽伊東公認会計士事務所

 所 長      伊東 賢治 氏

▽コンサルビューション株式会社

 代表取締役社長 高原彦二郎 氏


日 程

平成30年5月14日(月) 午前10 時~午後4時30分まで


開催場所

自動車部品会館 601会議室(6階)

東京都港区高輪1−16−15


受講料

36,000円(税込) ※テキスト昼食代を含む

JAPIA会員企業は、21,600円(税込)


研修の趣旨

成長するインド市場に対する日本企業の関心は高まりつつあり、進出企業数も 1,369 社(2017年10月時点)と 1300 社を超え、右肩上がりの進出が続いています。

日本企業の投資の中でも自動車関連の投資が最も多く、インドの自動車市場が2021年には自動車生産量で世界3位になり、日本の生産量を抜くとの予想が出ている中、今後益々自動車関連の投資が増加する事が予想されています。

また、インドのモディ首相が掲げる「メイク・イン・インディア」の政策下、一億人の新規雇用創出を意図する「国家製造業政策」の決定で積極的な海外企業の投資誘致の優遇策が打ち出される予定になっており、今後は自動車に加え電機、産業機械などを中心とした日本企業の製造業が対インド投資をリードし、中国に代わる「新たな世界の工場」の一翼を担っていくことが期待されています。

本セミナーでは、インドビジネスを展開している、または、今後展開予定の自動車部品製造業の本社海外統括部門、内部監査室、リスクマネジメント部門の方々に、インドビジネスの現状、税務変更の自動車部品産業への影響(GST関連)、また、子会社経営管理上で対応すべきビジネスリスクとそのリスクマネジメント手法­特に、インド子会社の内部監査、内部統制システムの構築手法などを学んでいただきます。

参加者された方々がインド進出にあたってどの様なチャンスを、どの様なリスク対応で獲得すべきかについての基礎知識を得ることを目的としています。




申 込 要 領

▼受講申込書(「詳細資料」の中に入っています)に必要項目を明記して、
 5月7日(月)(必着)までにFAX にてお申込ください。
 折り返し受付票をFAX いたします。

 もし、申込み後に参加を取り消す場合は、必ずご連絡ください。

▼受講料の請求書を郵送しますので、銀行振込にて5月7日(月)でにお支払いください。

 ※振込手数料は貴社でご負担いただきますようお願いいたします。

▼受講希望者が募集人数(20名)になり次第、締め切らせていただきます。

※参加お申込み後のキャンセルは5月7日(月)までといたします。
 それ以後のキャンセルはお受けいたしかねます。
 代理の方にご出席いただくか、後日テキストを郵送させていただきます。

※受講希望者が少数の場合は、中止となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


申込先および問い合わせ先

 自動車部品会館 総務部 飯島

 TEL:03ー5422ー6351

 FAX:03ー3447ー5372

 E-mail:iijima@japia.or.jp


以下のフォームからもお申込みができます。


お申込みフォーム

 *貴社名
 
 *郵便番号
 *住所
 *TEL
 
 *FAX
 
 *所属部署
 
 *役職
 
 *氏 名
 
 *ふりがな
 
 *ローマ字
 
 *メールアドレス
 
 備 考
 ※要望などがあれば
 自由にご記入ください。
 *は必須項目です。

 

※登録いただきました個人情報につきましては、本件に関連する範囲でのみ使用いたします。